アクセスカウンタ
Total: 1405502
Today: 685
Yesterday: 916
読者登録
メールアドレスを入力して登録ボタンを押すと、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。
解除は→こちら
現在の読者数 70人
旅館の若旦那ブログ は箱根湯本、熱川、舘山寺、湯河原温泉の 若旦那が地域情報や今関心がある事などについて語るブログです。

2016年01月23日

稲取温泉雛のつるし飾りまつり始まりました

新しい年になりましたが、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

1月20日から稲取温泉で、「雛のつるし飾りまつり」が始まりました。

期間:2016年1月20日(水)~3月31日(木)

詳細はコチラをご覧ください。パンフレットを見る

当館ロビーにもつるし飾りを展示しておりますので、ぜひご覧ください。
記念写真にもいいかもしれません。



つるし飾りは江戸時代後期から娘の成長を願ってお母さんや

おばあちゃん手作りのつるし飾りを飾る風習が稲取にありました。

江戸時代にはお雛様を購入できる裕福な家は少なく、

せめて代わりに手作りの飾りで初節句を祝おうという親心から生まれたとのことです。

つるし飾りにはいろいろな形がありますが、その一部をご紹介します。



まずは稲取名物『金目鯛』。赤い色は魔よけの色で、おめでたには欠かせません。



続いて『俵ネズミ』。
大黒様のお使いであるネズミは、金運があると言われ、
働き者になるようにとの意味があります。



そして、『おかたぐろ』。女の子の遊びの一つで、おかたは高貴な人の意味だそうです。

他にもいろいろな形のつるし飾りがあり、それぞれに意味があります。

母から娘へ、娘から孫へ、代々受け継がれる親心にこの機会にぜひ触れてみてください。

Posted by あたぷり広報 at 16:39│季節・イベント